本文へスキップ

外国人ビザの専門事務所|行政書士 仙台フォレスト法務事務所

022-343-6025

Language:

事務所の紹介 acy policy


世界の中の日本、だから日本の中の世界を大切にしたい−

 代 表 者
  特定行政書士 武 山 真 志 郎

         プロフィール
『行政書士 仙台フォレスト法務事務所』のWebサイトをご覧いただき、有難うございます。当事務所代表の武山 真志郎(たけやま しんじろう)と申します。

 私たちは、出入国にまつわるお手伝いはもちろん、安心した滞在を通して少しでも「この町に来てよかった」「日本は良いところだった」と思っていただきたい、そんな思いから国際業務を開始しました。

 本来なら在留資格では類型化できない多様性をもち、それぞれの国からそれぞれの目的を抱えて日本へやってくる人々。しかし、どんな国で暮らしていても、いい思い出もあれば、嫌な思いをすることもあります。 縁あって暮らす皆さまの有意義な在留を祈念しながら、広い世界の旅路のいつか、「そういえば必死に頑張ってくれた行政書士がいたな」と思い出していただけるよう、私自身も日々の業務に励みたいと思っております。

何かありましたらどうぞお気軽にご相談ください。
皆さまとの出会いを心より楽しみにしております。


東北6県に、効率的なビザ申請と在留中の安心をお届け−



 青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県、どこへでも出張します。 費用はコチラ

専門事務所でビザ申請するメリット

入国管理局への申請はご本人も行うことができます。しかし、そのプランニングや手続きに多くの労力と専門性が要求される点がビザ申請の特徴です。申請用紙を手に入れても記入方法が分からない、という方も少なくないとかと思います。

実際の申請においては、法務省が公表している資料を並べるだけではビザを得られないことが多く、在留資格ごとに存在する重要な事実についての正確な確認とその立証作業、資料の取捨選択、書面による説明、これら全体の整合性を保持した申請書類一式を、オーダーメイドで準備しなくてはなりません。また、ピントのずれた記録が入国管理局に残ると、再申請や次回更新時、後々の在留計画に重大な影響を与えてしまうことも珍しいことではありません。
ビザを与えるかどうかについて入国管理局の裁量が極めて広範なことー 他の申請とのこの決定的な違いが、ビザ申請を掴みどころのない難解なものにしている原因です。

当事務所では、これら複雑でリスクを伴う業務を行う資格をもった「申請取次行政書士」がお客様の申請を代行いたします。「申請取次行政書士」とは、出入国管理に関する試験を経て所定の研修を修めた行政書士のことで、申請人に代わって各種申請書等の作成・手続を行うことができる、日本における “Immigration Lawyer” です。入国管理局への申請を専門的に取り扱い、お客様との架け橋としてビザ申請を行います。
当事務所への依頼により、お客様は煩わしい書類に頭を悩ますことや入国管理局や役場へ足を運ぶ必要がなくなるほか、より成功率の高い効果的な申請を実現することができます。また、ビザの更新にも少なくないエネルギーがかかりますが、当事務所にお任せいただければ、最新の法律と情報に基づき、前回申請との整合性を維持した確実な申請を行い、迅速に新しいビザをお渡しします。

ビザとお医者さん

身近にお医者さんを持つことのメリットは、継続的な健康状況や変化を熟慮した診察を受けられることです。いつどのような病気をしたのか、その時の処方は何かなど、カルテの記録に基づいて的確な診断と処置を受けることができます。病気や怪我に不安を持つことはなかなか避けては通れませんが、自身を良く知る主治医にいつでも相談できる状況はとても安心できます。

ビザ・在留資格についても同じことが言えます。日本に在留する外国人の皆様、或いは外国人パートナーを迎えようとする皆様は、仕事や人生のうちの何らかの目的をもって滞在を希望されていることと思います。その大きな流れの通過点として避けられないビザ申請は、決して一度きりのことではありません。来日時に不許可になってしまえば、早くも2回目の申請にチャレンジする必要がありますし、来日後も定期的な更新、就職、結婚、家族の呼び寄せ、永住や帰化など、正に「生活や仕事の一部」として、長年ビザと付き合ってゆくことになります。

このようなビザ申請の現実に私たちの使命を思う時、当事務所が考えるあるべき専門事務所とは、皆様と目的を共有しながら、必要あらばいつでも駆けつけ要望をお聞きし、適切な処方箋を出す「身近なお医者さん」のような存在です。初回申請時以降は行政書士がお客様お一人おひとりのカルテを見ながらご要望を承りますので、その都度矛盾のない明快な申請ができるのはもちろんのこと、ご相談や打ち合わせなども格段にスムーズとなり、将来に向けた経歴を適切に築いてゆくことができます。



東北全域に対応

当事務所は宮城県を中心に、仙台入国管理局管内である東北6県(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)全ての地域からのご依頼とご相談に対応いたしております。遠方のお客さまとは、メールやお電話、郵送を中心にサービスを進めてゆくほか、最低限必要な調査や打合せについては出張を承ります。どちらにお住まいの方もどうぞご連絡ください。

東京入国管理局など仙台以外の管轄エリアにつきましても、必要に応じて申請を承ります。



事務所概要


 名 称 行政書士 仙台フォレスト法務事務所
 所在地 〒980-0801
宮城県仙台市青葉区木町通1-8-28三栄木町通ビル3F

→MAPはコチラ
 代表者 特定行政書士 武山 真志郎
【日本行政書士連合会 宮城県行政書士会所属】
【入国管理局申請取次 資格者】
【特定行政書士 登録者】

 連絡先 電話:022-343-6025
FAX:022-343-6026
メール: info@sendai-visa.com
 受付時間 平日 9:00〜17:00
 休業日 土・日・祝日
 対応地域 青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県 全域 
 対応入管 仙台入国管理局(東北6県管轄)



−仙台入国管理局へのビザ申請は−
■ 行政書士 仙台フォレスト法務事務所
  Sendai Forest Visa & Law office

 TEL. 022-343-6025
 FAX. 022-343-6026
 Mail. info@sendai-visa.com
 
 ■オフィス所在地
 〒980-0801
 宮城県仙台市青葉区木町通1-8-28
 三栄木町通ビル3F 詳細はコチラ