本文へスキップ

在留資格認定証明書の交付申請|仙台・宮城の国際行政書士

022-343-6025

Language:

外国人を呼ぶための基礎知識
privacy policy


外国人の入国と在留資格認定証明書
ご相談から入国までの流れ

外国人の入国と在留資格認定証明書



外国人を日本に入国させるには、まず日本で『在留資格認定証明書』を取得して、海外にいる渡航者本人へ送付してあげなければなりません(短期滞在を除く)。この『在留資格認定証明書』の交付申請は法務省・入国管理局に対して行います。


  <在留資格認定証明書の見本>


日本から送付した『在留資格認定証明書』を受け取った本人は、これを持って日本在外公館(大使館・領事館)で『査証』の発給をしてもらいます。
次に、本人はこの『査証』をもって日本へ渡航し、その上陸(空港や港で入国ゲートを通過すること)時に、入国審査官から目的の『在留資格』の決定を受けることによって、晴れて日本に在留することができるようになるのです。

では、それぞれの役割をまとめてみましょう。

 ・在留資格・・・外国人が日本に在留するために必要なライセンス(目的)
 ・査証・・・在留資格の決定審査をスムーズにするためのもの
 ・在留資格認定証明書・・・査証の発給審査をスムーズにするためのもの


『在留資格認定証明書』の交付審査が、通常2〜3ヶ月かかるのに対し、『査証』の発給審査は1〜2週間程度、空港における『在留資格』の決定審査はほんの数分であることも、それぞれの役割に応じた審査内容の精密さが反映されているものいえるでしょう。

簡単に言えば、空港での入国業務をパンクさせないため、海外の日本大使館の業務をパンクさせないため、膨大な時間がかかるメインの審査は日本の入国管理局で最初に済まさせておこう、というのが『在留資格認定証明書』の存在意義なのです。

当事務所では「在留資格認定証明書」の交付申請を含め、希望する在留資格の決定を目的としたこれら一連の手続きのことを、包括的に「ビザ申請」と呼んでいます。




こうしてみると分かるように、在留する条件を満たしているどうかを最も厳しく審査する場面が、最初に日本の入国管理局で行う『在留資格認定証明書』の交付申請時なのです。外国人の「入国」に関する審査は国の裁量が非常に大きく、それゆえに他の申請に比べて不許可(不交付)になる件数が多いのも特徴です。従って、申請に当たって入念な事前準備が極めて重要となります。

当事務所は、この『在留資格認定証明書』の取得を中心としたビザ申請の専門事務所です。申請書の作成、入国管理局への申請につきましては、ぜひ当事務所までご相談ください。

ご相談はコチラから


ご相談から入国までの流れ -

対応エリア:青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県

1.ご相談 (ご連絡はコチラから)

 ■ 来日の計画や招へいの準備、ビザ要件などをご一緒に確認いたします。 

      

2.ご依頼

 ■ ご依頼いただける場合は、契約書を取り交わします。 

      

3.書類作成と「在留資格認定証明書」の交付申請

 ■ 行政書士が申請に必要な書類を準備・作成し、入国管理局へ申請を行います。
 ■ 招へい人であるお客様には、必要な資料を提出していただきます。
   

      

4. 審査と「在留資格認定証明書」の交付(1〜3ヶ月)

 ■ 入国管理局の審査を経て、許可がおりると「在留資格認定証明書」が当事務所へ郵送されます。
  ※審査の標準処理期間は1〜3ヵ月ですが、通常問題がなければ1〜2ヶ月ほどで審査が終了します。

      

5. 海外にいる本人へ「在留資格認定証明書」を送付

 ■ 「在留資格認定証明書」を、海外にいる本人へと送付します。

      

6. 現地の日本公館(大使館や領事館)で「査証」の発給を受ける

 ■ 「在留資格認定証明書」を受領した本人は、現地の日本公館で「査証」の発給を申請します。
   ※通常1〜2週間程度で「査証」の発給を受けることができます。

      

7. 来日

 ■ 日本の空港にいる入国審査官に「査証」を提示し、目的の在留資格の決定を受けて入国します。





−仙台入国管理局へのビザ申請は−
■ 行政書士 仙台フォレスト法務事務所
  Sendai Forest Visa & Law office

 TEL. 022-343-6025
 FAX. 022-343-6026
 Mail. info@sendai-visa.com
 
 ■オフィス所在地

 〒980-0801
 宮城県仙台市青葉区木町通1-8-28
 三栄木町通ビル3F MAPはコチラ