本文へスキップ

外国人の子供ができたときに必要なこと|仙台・宮城の国際行政書士

022-343-6025

Language:

日本で生活したい
privacy policy




外国人の子供ができたとき



子供をどこで出産するかは、子供の在留資格のみならず親となる外国人自身の在留資格にとっても無関係ではありません。出産と在留資格の問題は親子の今後にとって非常に重要である上、国や状況によっても判断すべき事柄が異なります。

以下、日本で子供が生まれてから行うべき基本的な手続きをご紹介します。



1.出生の届け出

まず、出生から14日以内に住居地の市区町村の長に出生の届け出をしなければなりません。
届け出には「出生証明書」が必要となりますので、忘れないように病院でもらっておきましょう。



2.駐日公館に出生の届け出

子どもの国籍の属する国の駐日大使館または領事館に出生の届け出を行います。
ここで子供の旅券(パスポート)の発給も受けます。



3.ビザの取得

出生から30日以内に入国管理局で「在留資格取得許可申請」を行います。
なお、親の一方が日本人である場合には日本国籍を取得するので、日本国籍を喪失しない限りはビザ申請の必要はありません。

通常、子どものビザは親がどのビザで在留しているかに応じて決定されます。
ただし、永住者ビザなどの場合でも必ずしも取得できるとは限らないので注意しましょう。

 親が「技能ビザ」・・・家族滞在ビザ
 親が「人文知識・国際業務ビザ」・・・家族滞在ビザ
 親が「永住者ビザ」・・・永住者ビザ



4.住居地の届け出

中長期滞在者は、在留カードを交付されてから14日以内に、住居地の市町村を介して法務大臣に住居地の届け出を行います。




−仙台入国管理局へのビザ申請は−
■ 行政書士 仙台フォレスト法務事務所
  Sendai Forest Visa & Law office

 TEL. 022-343-6025
 FAX. 022-343-6026
 Mail. info@sendai-visa.com
 
 ■オフィス所在地

 〒980-0801
 宮城県仙台市青葉区木町通1-8-28
 三栄木町通ビル3F MAPはコチラ